ホーム > 91番~100番, か行の作者 > 権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)


権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)の画像

小倉百人一首 097番

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

▼音声

読み
こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに
やくやもしおの みもこがれつつ


現代語訳

来ない人を待ち続け、松穂の浦が夕方の時間に焼く海草のように、私も身も恋焦がれながら待ち続けています。

解釈

来ぬ人を待つもどかしさと嘆きの歌


作者とプロフィール

名前:権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)
性別:男性
生没年:1171~1244年
藤原俊成の子で、名前は藤原定家といい、この百人一首を作った人物です。
九条家に仕えており、九条家が失脚後は新境地を開く事に成功しました。
また、百人一首の他にも多くの文学作品を残した人物でもあります。

雑学・豆知識

恋がテーマの歌合戦で詠んだ歌で、順徳院に勝ちました。
松帆の浦とは、兵庫県の松帆崎(まつほざき)の松林一帯あたりとされています。
[map_tb:兵庫県淡路市岩屋]


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む