ホーム > 81番~90番, た行の作者 > 道因法師(どういんほうし)


道因法師(どういんほうし)

道因法師(どういんほうし)の画像

小倉百人一首 082番

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

▼音声

読み
おもいさび さてもいのちは あるものを
うきにたえぬは なみだなりけり


現代語訳

つれない恋の辛さに思い悩んでいても、かろうじて命は繋がっているのに、涙は耐え切れずに流れ落ちてしまいます。

解釈

つれない恋の痛みの歌


作者とプロフィール

名前:道因法師(どういんほうし)
性別:男性
生没年:不詳
藤原清孝の子で、名前は藤原敦頼といいます。
歌道に熱心で、八十歳になっても「秀歌が詠えますように」と住吉明神に徒歩でお参りし、九十歳を越え耳が遠くなっていても歌会に出席し、
講師の話に熱心に耳を傾けていました。

雑学・豆知識

この歌は、「失恋の歌」と「片思いの歌」の二つの解釈があるようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに