ホーム > 21番~30番, は行の作者 > 文屋康秀(ふんやのやすひで)


文屋康秀(ふんやのやすひで)

文屋康秀(ふんやのやすひで)の画像

小倉百人一首 022番

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

▼音声

読み
ふくからに あきのくさきの しをるれば
むべやまかぜを あらしといふらむ


現代語訳

風が吹くと、すぐに秋の草木が萎れてしまう。
なるほど。
だから嵐という字は山の風と書くのですね。

解釈

歌合の歌


作者とプロフィール

名前:文屋康秀(ふんやのやすひで)
性別:男性
生没年:不詳
縫殿助文屋宗干の子。
小野小町に転勤するから一緒に行こうと誘ったが、断られた悲しいエピソードを持つ人物です。

雑学・豆知識

この歌は古い写本に、文屋康秀ではなく、子供の朝康が作者と書かれているものがある為、康秀ではなく朝康が詠ったのではないかという説があります。
百人一首の中では駄作といわれていますが、人気の高い歌でもあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり