ホーム > 31番~40番, か行の作者 > 紀貫之(きのつらゆき)


紀貫之(きのつらゆき)

紀貫之(きのつらゆき)の画像

小倉百人一首 035番

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

▼音声

読み
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは
はなぞむかしの かににおいける


現代語訳

貴方の心の中は分かりませんが、昔なじみの土地では、梅の花だけは昔と変わることなく、よい香りで私を迎えてくれるのです。

解釈

変わるものと変わらないものを詠った春の歌


作者とプロフィール

名前:紀貫之(きのつらゆき)
性別:男性
生没年:868~945年
紀望行の子。
「古今集」の選者の一人であり、「土佐日記」の作者でもあります。

雑学・豆知識

紀貫之が、長谷寺にしばしば参る際に寄っていた家がありました。
その家に、久しぶりに訪れた際、家人が「ずっと家はここにあるのに久しぶりにお見えになりましたね」と言われた際に返した歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木