ホーム > 1番~10番, か行の作者 > 喜撰法師(きせんほうし)


喜撰法師(きせんほうし)

喜撰法師(きせんほうし)の画像

小倉百人一首 008番

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

▼音声

読み
わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ
よをうぢやまと ひとはいふなり


現代語訳

都の東南にある宇治山に私の庵はあります。
その場所は、鹿も住むのどかで澄んだ空間です。
私は好んで住んでいるのに、世間の人は世を憂しとして避けて住んでいると思っているようです。
そんな事は全然ないのになあ・・・。

解釈

干支の遊び歌


作者とプロフィール

名前:喜撰法師(きせんほうし)
性別:男性
生没年:未詳
経歴や家柄などが分からず、謎の人物です。
喜撰法師の名で伝わっている歌は、現在この歌のみです。

雑学・豆知識

この歌は、干支の遊び歌といわれているように、歌中に「う(卯)」「たつ(辰)み(巳)」の3つの干支が入っています。
最後が午ではなく、鹿の所が色々な推測を呼んで楽しい歌となっています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ