ホーム > 41番~50番, か行の作者 > 権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)


権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)の画像

小倉百人一首 043番

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

▼音声

読み
あいみての のちのこころに くらぶれば
むかしはものを おもわざりけり


現代語訳

逢瀬をとげたその後の気持ちよりも、昔はただ逢いたいと考えていただけであったので、昔の恋の悩みは今にしてみれば気楽なものだなぁ。

解釈

恋の悩みの歌


作者とプロフィール

名前:権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)
性別:男性
生没年:906~943年
藤原時平の三男で、左近の元恋人といわれています。
性格もよく美男で、和歌や管弦も堪能でした。

雑学・豆知識

百人一首38番の左近が詠った相手とは、この権中納言敦忠です。
この歌の相手は不明ですが、左近ではないかという説が有力のようです。
初めて契った相手の家から帰った翌朝に贈った歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき