ホーム > 1番~10番, た行の作者 > 中納言家持(ちゅうなごんやかもち)


中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)の画像

小倉百人一首 006番

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

▼音声

読み

かささぎの わたせるはしに おくしもの
しろきをみれば よぞふけにける


現代語訳

七夕に彦星と織姫が渡る橋はカササギが翼を広げたものだという伝説を知っていますか?
空にある天の川も白いけれど、この橋も霜がおりて真っ白になっているね。
それを見ていると、夜も更けたことが感じられるよ。

解釈

幻想的な冬の寒さの感覚や視覚的な歌


作者とプロフィール

名前:中納言家持(ちゅうなごんやかもち)
性別:男性
生没年:718~758年
万葉集を編集した歌人。
歌人である大伴旅人の息子。

雑学・豆知識

カササギ(鵲)は、肩と腹だけが白く、他は黒の羽根をもつ鳥です。
古代中国の七夕伝説の中にある橋は、このカササギが連なって橋の役割をしたと伝えられています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな