ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 参議雅経(さんぎまさつね)


参議雅経(さんぎまさつね)

参議雅経(さんぎまさつね)の画像

小倉百人一首 094番

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

▼音声

読み
みよしのの やまのあきかぜ さよふけて
ふるさとさむく ころもうつなり


現代語訳

吉野の山に吹く秋風が夜明けに吹いて、古い時代に都があったこの吉野は寒く、衣の準備をしている音が聞こえてきます。

解釈

音が身にしみるほど寒い、秋の夜の寂しさを詠う歌


作者とプロフィール

名前:参議雅経(さんぎまさつね)
性別:男性
生没年:1170~1221年
藤原頼経の子で、名前は藤原雅経といいます。
「新古今集」の撰者の一人ですが、蹴鞠の名人でもあり、飛鳥井流という流派があるほどです。

雑学・豆知識

歌の中の「衣うつなり」とは、衣の生地を木槌などで打ち、艶を出す手法です。
この道具を砧(きぬた)と呼びますが、この音から寂しさを連想するのは、漢詩の影響によるものだといわれているようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ