ホーム > 71番~80番, か行の作者 > 権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)


権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)の画像

小倉百人一首 073番

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

▼音声

読み
たかさごの おのえのさくら さきにけり
とやまのかすみ たたずもあらなん


現代語訳

遠くにある山の峰の桜が咲いたようです。
人里が近い山の霧よ、桜が見えなくなってしまうので、どうか出てこないで下さい。

解釈

桜を見たいと願いを込めた歌


作者とプロフィール

名前:権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)
性別:男性
生没年:1041~1111年
学者が多い大江家出身で、名前が大江匡房といいます。
後冷泉・後三条・白河・堀河の四天皇に仕え、政治家としても活躍しました。

雑学・豆知識

内大臣藤原師道が主催した、春の宴で詠んだ歌です。
近くの桜ではなく、遠くの桜に対する歌を詠もうという趣旨で作られました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

藤原基俊(ふじわらのもととし)

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む