ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 従二位家隆(じゅにいいえたか)


従二位家隆(じゅにいいえたか)

従二位家隆(じゅにいいえたか)の画像

小倉百人一首 098番

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

▼音声

読み
かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは
みそぎぞなつの しるしなりける


現代語訳

風がそよいでる楢の小川の夕暮れ時の景色は、みそぎ祓いだけが夏だと思わせる印なのです。

解釈

秋に変わりつつある、夏の終わりの景色の歌


作者とプロフィール

名前:従二位家隆(じゅにいいえたか)
性別:男性
生没年:1158~1237年
藤原光隆の子で、名前は藤原家隆といい、「新古今集」の選者の一人です。
歌を愛し、生涯にわたって詠んだ歌は、なんと6万首にも及びます。
後鳥羽上皇に大変信頼され、晩年に出家した後でも連絡を取り合っていたほどです。

雑学・豆知識

この歌は、藤原道家の娘の嫁入り道具となった屏風に書かれた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

大納言経信(だいなごんつねのぶ)

(上)
夕されば 門田の稲葉 おとづれて

(下)
葦のまろやに 秋風ぞ吹く

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり