ホーム > 61番~70番, あ行の作者 > 伊勢大輔(いせのたいふ)


伊勢大輔(いせのたいふ)

伊勢大輔(いせのたいふ)の画像

小倉百人一首 061番

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

▼音声

読み
いにしえの ならのみやこの やえざくら
きょうここのえに においぬるかな


現代語訳

昔の奈良の都で咲いていた八重桜が、今日九重の宮の中で美しく見事に咲いていますよ。


作者とプロフィール

名前:伊勢大輔(いせのたいふ)
性別:女性
生没年:不詳
大中臣輔親の子で、高階成順の妻にあたります。
紫式部、和泉式部、赤染衛門、源経信など著名な歌人と交流がありました。

雑学・豆知識

奈良から献上品として、京都では見られない八重桜を受け取った際に、即興で作った歌です。
本当は紫式部が八重桜を受け取る役でしたが、後輩に当たる伊勢大輔に譲ったといわれています。
中宮・彰子がその歌を大変喜び、返歌を詠んでいます。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ