ホーム > 21番~30番, あ行の作者 > 大江千里(おおえのちさと)


大江千里(おおえのちさと)

大江千里(おおえのちさと)の画像

小倉百人一首 023番

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

▼音声

読み
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
わがみひとつの あきにはあらねど


現代語訳

秋の月を見ていると、様々な物事が悲しく感じ取れてしまう。
秋は私だけに訪れるものではないのに・・・。

解釈

秋の寂しさを詠った歌


作者とプロフィール

名前:大江千里(おおえのちさと)
性別:男性
生没年:未詳
漢学者の大江音頭の子。
学者兼歌人兼漢学者。

雑学・豆知識

この歌は「白氏文集」にある漢詩の「燕子桜中 霜月ノ色 秋来ツテ 只一人ノ為ニ長シ」(燕子楼に霜が降りる夜、秋は私一人の為に長い)を翻案したものになります。
父子ともに優秀な漢詩一家でしたが、千里以降にも優秀な漢学者を多数輩出しています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ