ホーム > 71番~80番, ま行の作者 > 源兼昌(みなもとのかねまさ)


源兼昌(みなもとのかねまさ)

源兼昌(みなもとのかねまさ)の画像

小倉百人一首 078番

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

▼音声

読み
あわじしま かようちどりの なくこえに
いくよねざめぬ すまのせきもり


現代語訳

淡路島へと飛ぶ千鳥の鳴き声で、須磨の看守は何度夜に目覚めたことだろう。

解釈

須磨の旅中の哀感を詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:源兼昌(みなもとのかねまさ)
性別:男性
生没年:不詳
美濃守源俊輔の子で、はっきりとした生没年は分かっていませんが、1128年頃までは生きていたようです。
晩年には出家しました。

雑学・豆知識

この歌が詠まれた時代には須磨の関所は存在していなかった事から、「源氏物語」の光源氏が、不倫がばれて流された事の寂しさを思って詠んだ歌ではないか、といわれています。

[map_tb:兵庫県洲本市安乎町山田原]


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

持統天皇(じとうてんのう)

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり