ホーム > 81番~90番, あ行の作者 > 殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)


殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)の画像

小倉百人一首 090番

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

▼音声

読み
みせばやな おじまのあまの そでだにも
ぬれにぞぬれし いろはかわらず


現代語訳

涙で色が変わってしまった袖をあの人に見せたいものです。
小島の漁師の袖さえも、あんなにも波で濡れていても色は変わらないのに・・・。

解釈

つれない相手を嘆き、訴える恋の歌


作者とプロフィール

名前:殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)
性別:女性
生没年:不詳
藤原信成の娘で、後白河上皇皇女の亮子内親王に仕えていました。
また、藤原定家・寂連法師・西行法師・源頼政などの多くの歌人と交際をもっており、当時を代表する歌人でした。

雑学・豆知識

実際の恋愛の際に詠んだ歌ではなく、歌会の時に発表した歌です。

雄島は仙台湾の松島群島の一つ。松島海岸駅から徒歩5分にあります。
[map_tb:宮城県宮城郡松島町松島]


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ