ホーム > 31番~40番, か行の作者 > 清原深養父(きよはらのふかやぶ)


清原深養父(きよはらのふかやぶ)

清原深養父(きよはらのふかやぶ)の画像

小倉百人一首 036番

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

▼音声

読み
なつのよは まだよいながら あけぬるを
くものいずこに つきやどるらむ


現代語訳

夏の夜はまだ宵のうちだと思っていても、いつの間にか明けてしまう。
こんなに早く夜が明けてしまうなら、月は雲のどこに隠れているのだろうか。

解釈

初夏の歌


作者とプロフィール

名前:清原深養父(きよはらのふかやぶ)
性別:男性
生没年:不詳
清少納言の曾祖父。
管職にはあまり恵まれませんでしたが、家人としての評価は高い人物でした。
また、琴の名手でもあったようです。

雑学・豆知識

この歌が詠まれたのは、7月のはじめ頃でちょうど弦の月の時期です。
夜中の1時頃に東の空から出てきて、明け方に南の空に高く昇る月です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖