ホーム > 1番~10番, さ行の作者 > 猿丸大夫(さるまるたゆう)


猿丸大夫(さるまるたゆう)

猿丸大夫(さるまるたゆう)の画像

小倉百人一首 005番

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

▼音声

読み
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの
こえきくときぞ あきはかなしき


現代語訳

人里はなれた山奥で、紅葉があたり一面に敷き詰められたのを踏み分けると、鹿の声が聞こえてくる。
それを聞いていると、秋はいよいよ悲しいものだと感じとれるよ。

解釈

秋特有の寂しさを現した歌


作者とプロフィール

名前:猿丸大夫(さるまるたゆう)
性別:男性
生没年:不詳
伝承上の人物で、実在しなかったのではないかという説が有力のようです。

雑学・豆知識

歌の中の、紅葉を踏み分けているのは鹿という説と作者であるという説の二つがあるようです。
また実際の鹿にはめったに鳴くことがないそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな