ホーム > 31番~40番, か行の作者 > 紀友則(きのとものり)


紀友則(きのとものり)

紀友則(きのとものり)の画像

小倉百人一首 033番

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

▼音声

読み
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
しずこころなく はなのちるらむ


現代語訳

光がのどかに降り注ぐ春の日に、桜は落ち着いた静かな心は持ち合わせてはおらず、散り急いでいる。

解釈

桜が散る春の歌。


作者とプロフィール

名前:紀友則(きのとものり)
性別:男性
生没年:?~905年
紀有朋の子で、紀貫之の従兄弟にあたります。
「古今和歌集」の選者でしたが、完成する前に亡くなりました。

雑学・豆知識

歌中の『静心なく』は、花と作者に当てはまる言葉になります。
花が散る事で静かな心が持てない作者と、静かな心がないために散ってしまう桜という、2つの意味をもっています。
意味だけでなく、言葉の調べの美しさにも定評がある歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花