ホーム > 31番~40番, あ行の作者 > 右近(うこん)


右近(うこん)

右近(うこん)の画像

小倉百人一首 038番

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

▼音声

読み
わすらるる みをばおもわず ちかいてし
ひとのいのちの おしくもあるかな


現代語訳

忘れられてしまう私のこの身は構わないのですが、誓いを破った事で神への天罰が下る貴方の命はとても惜しく感じられます。

解釈

別れた人を案じる恋の歌


作者とプロフィール

名前:右近(うこん)
性別:女性
生没年:不詳
右近少将季縄の娘で、後醍醐天皇の皇后穏子の女官を務めていました。
藤原師輔や三条朝忠などと交流があり、恋多き女性だったようです。

雑学・豆知識

この歌は、別れた相手の命を惜しむ歌と、天罰が当たって当然だとの二つの解釈に分かれるようです。
天罰かどうかは分かりませんが、相手の藤原敦忠は、38歳という若さで亡くなっています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

持統天皇(じとうてんのう)

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ