ホーム > 31番~40番, は行の作者 > 文屋朝康(ふんやのあさやす)


文屋朝康(ふんやのあさやす)

文屋朝康(ふんやのあさやす)の画像

小倉百人一首 037番

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

▼音声

読み
しらつゆに かぜのふきしく あきののは
つらぬきとめぬ たまぞちりける


現代語訳

白露が溜まっている秋の野に、風が吹くと、露がぱらぱらと零れ落ちていく。
その姿はまるで、水晶の球が零れ落ちているようだ。

解釈

露珠の美しさを詠った秋の歌


作者とプロフィール

名前:文屋朝康(ふんやのあさやす)
性別:男性
生没年:不詳
文屋康秀の子。
902年に大舎人大允となったが、それ以外の事は不明の人物。

雑学・豆知識

白露は白い玉の事で、水晶や真珠のことを指します。
この時代、露の美しさは人々の心を突き、露を珠に見立てた歌が無数といってもいいほど存在しているようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

(上)
住の江の 岸に寄る波 よるさへや

(下)
夢の通ひ路 人目よくらむ

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ