ホーム > 31番~40番, は行の作者 > 春道列樹(はるみちのつらき)


春道列樹(はるみちのつらき)

春道列樹(はるみちのつらき)の画像

小倉百人一首 032番

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

▼音声

読み
やまがわに かぜのかけたる しがらみは
ながれもあえぬ もみじなりけり


現代語訳

山奥にある川の水をせき止めるしがらみは、風によって集められた紅葉が流されずに散り積もった塊なのですね。

解釈

川と風と紅葉の結びつきを詠った秋下の歌


作者とプロフィール

名前:春道列樹(はるみちのつらき)
性別:男性
生没年:?~920年
経歴の殆どが不明の人物です。
史記や漢文を教える大学寮の教官や、地方国司を勤めたのではないかといわれています。

雑学・豆知識

志賀の山越の際に詠んだ歌です。
歌の中にでてくる『しがらみ』とは、川の流れを優しくするために、杭や石を並べて水の勢いを弱める為に作るものです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける