ホーム > 81番~90番, か行の作者 > 皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)


皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)の画像

小倉百人一首 088番

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

▼音声

読み
なにわえの あしのかりねの ひとよゆえ
みをつくしてや こいわたるべき


現代語訳

難波江の短い一節の芦のように、短い夜の出来事を、身を尽くすように恋しく思わなければいけないのでしょうか。

解釈

旅先の一夜かぎりの恋を、一途に思う女性の歌


作者とプロフィール

名前:皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)
性別:女性
生没年:不詳
源俊隆の娘で、本名・生没年は不詳です。
皇嘉門院聖子に別当役として仕えており、晩期には尼となりますが、その他の事は殆ど分かっていません。

雑学・豆知識

貴族の女性が、このような一夜限りの契りをすることは無かったのではないかという考えから、この歌は遊女の立場になって詠んだ歌ではないかという説もあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む