ホーム > 51番~60番, あ行の作者 > 和泉式部(いずみしきぶ)


和泉式部(いずみしきぶ)

和泉式部(いずみしきぶ)の画像

小倉百人一首 056番

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

▼音声

読み
あらざらん このよのほかの おもいでに
いまひとたびの あうこともがな


現代語訳

私は病によって、もう少しで死んでしまうでしょう。
あの世に持っていく思い出として、もう一度貴方と逢いたいです。

解釈

この世の思い出としてもう一度逢いたいと願う恋の歌


作者とプロフィール

名前:和泉式部(いずみしきぶ)
性別:女性
生没年:976~?年
越前守大江雅致の子です。
和泉守橘道貞と結婚し離婚、道親王と恋愛し、その後藤原保昌の妻となりました。

雑学・豆知識

病気の時に、好きな相手に贈った歌です。
相手は不明なので、あえて相手を指定していない歌ではないかという説もあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

平兼盛(たいらのかねもり)

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな