ホーム > 1番~10番, か行の作者 > 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の画像

小倉百人一首 003番

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

▼音声

読み
あしひきの やまどりのをの しだりをの
ながながしよを ひとりかもねむ


現代語訳

山鳥の垂れ下がった長いしだれ尾のように、長い長い秋の夜を、私は遠いあなたを思いながら1人で寂しく寝る事になるのだろうか?

解釈

お互いに思いながらも、事情により会う事が出来ない恋の苦しみの歌


作者とプロフィール

名前:柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)
性別:男性
生没年:未詳
万葉集を代表する歌人で、とても優れた短歌や長歌の作品を残していますが、経歴は分からない部分が多い人物のようです。

雑学・豆知識

残念ながら、この歌が柿本人麻呂作かどうかは不明のようです。
山鳥の夫婦が別々に暮すという伝説と歌の作者を掛け合わせて作られた歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む