ホーム > 81番~90番, か行の作者 > 後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)


後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)の画像

小倉百人一首 081番

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

▼音声

読み
ほととぎす なきつるかたを ながむれば
ただありあけの つきぞのこれる


現代語訳

ほととぎすが鳴いた方を眺めてみると、そこにはただ明け方の月が残っているだけでした。

解釈

ほととぎすと月があった空間を詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)
性別:男性
生没年:1139~1191年
藤原公能の子で、名前は藤原実定です。
漢詩・和歌・管絃に優れ、蔵書家でもありました。
歌詠みが家風のという家で育ち、自宅には「歌の間」という部屋を必ず作っていました。

雑学・豆知識

歌の中の「ながむれば」思いに耽りながら見たという考えと、ただふと見たという二つの解釈があるようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖