ホーム > 21番~30番, さ行の作者 > 三条右大臣(さんじょうのうだいじん)


三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)の画像

小倉百人一首 025番

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

▼音声

読み
なにしおはば あふさかやまの さねかづら
ひとにしられで くるよしもがな


現代語訳

逢って寝るという名前をもつ坂山のさねかずら。
その蔦をたぐりよせることで、寝床を共に出来るように、誰にも知られず貴方と逢える方法を知りたいものです。

解釈

人目を気にしながらも逢いたい恋の歌


作者とプロフィール

名前:三条右大臣(さんじょうのうだいじん)
性別:男性
生没年:832~932年
本名は藤原定方。
管絃の名手であると同時に、庇護者として従兄弟の兼輔と活躍しました。

雑学・豆知識

歌の中で出てくる「さかねかずら」は、蔓草の一種で、冬になると赤い実をつけます。
蔓の中には粘着性の液があり、その液を男性は整髪料として利用していたといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ