ホーム > 71番~80番, や行の作者 > 祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)


祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)の画像

小倉百人一首 072番

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ

▼音声

読み
おとにきく たかしのはまの あだなみは
かけじやそでの ぬれもこそすれ


現代語訳

有名な高師浜にうちつける波はいりません。
袖が濡れてしまうのは嫌ですから。

解釈

プレイボーイと名高い男を拒む歌


作者とプロフィール

名前:祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)
性別:女性
生没年:?~1113年
平経方の娘・源忠重の娘・藤原師長の娘など、色々な説があり、正確な所はわかっていませんが、歌の才能に優れており、多くの恋の歌を残しています。

雑学・豆知識

堀川院の艶書合わせの歌会の、返しとして詠んだ歌です。
この歌を書いた時の祐子内親王家紀伊は70歳で、あくまでも行事の一環の歌であり、恋人関係に贈った歌ではありません。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ