ホーム > 11番~20番, さ行の作者 > 僧正遍昭(そうじょうへんじょう)


僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)の画像

小倉百人一首 012番

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

▼音声

読み
あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ
をとめのすがた しばしとどめむ


現代語訳

空に吹く風よ、雲の間から見える通り道を閉ざしてくれないか。
天女が舞う姿を、眺め続けていたいから。

解釈

綺麗な物見続けたいと願う冬の歌


作者とプロフィール

名前:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
性別:男性
生没年:816~890年
桓武天皇の孫で、良岑安世の子。
風貌がよくハンサムだったそうです。

雑学・豆知識

旧暦の11月に、5人の乙女を天女に見立てて踊るという宮廷行事をみた時に詠まれたものです。
出家しているのに艶っぽい歌だ、と思われている方も多いかと思いますが、出家前に詠んだものです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

大納言公任(だいなごんきんとう)

(上)
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど

(下)
名こそ流れて なほ聞こえけれ

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ