ホーム > 11番~20番, は行の作者 > 藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)


藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)の画像

小倉百人一首 018番

(上)
住の江の 岸に寄る波 よるさへや

(下)
夢の通ひ路 人目よくらむ

▼音声

読み
すみのえの きしによるなみ よるさへや
ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ


現代語訳

住の江の岸による波、夜の夢の中でさえ貴方は逢ってくれないのですか。
昼間は無理だとしても、一人で寝ている夢の中でさえも貴方に逢えないのですか。

解釈

逢えないじれったさを思わせる恋の歌


作者とプロフィール

名前:藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)
性別:男性
生没年:?~901年
藤原富士麿の子。
和歌だけではなく、書道にも優れた才能を持っていた芸術家です。

雑学・豆知識

別の解釈としては、作家自身が夢でも人を避けている、又は夢の中にでさえ人目を忍んで夜に逢いに行くなどがあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは