ホーム > 1番~10番, た行の作者 > 天智天皇(てんじてんのう)


天智天皇(てんじてんのう)

天智天皇(てんじてんのう)の画像

小倉百人一首 001番

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

▼音声

読み
あきのたの かりほのいほを とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ


現代語訳

秋の田のほとりにある作業小屋にいると、小屋の屋根は菅や萱でで編んであるから目が粗く、こんな所で夜を過ごすから、
もれ落ちる露に私の服の袖がしきりに濡れているよ。

解釈

天皇が、農民の立場で詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:天智天皇(てんじてんのう)
性別:男性
生没年:626~671年
第38代天皇で、舒明天皇の第一皇子です。
この当時天皇に対応出来るほど勢力を持っている蘇我氏を645年に倒しました。

雑学・豆知識

百人一首の一番としてよく知られているこの歌は、実はこの歌は天智天皇の御製ではないという説が有力だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし