ホーム > 71番~80番, さ行の作者 > 左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)


左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)の画像

小倉百人一首 079番

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

▼音声

読み
あきかぜに たびなくくもの たえまより
もれいずるつきの かげのさやけさ


現代語訳

秋風にたなびく雲の隙間から、漏れてくる月の明かりの澄み切った美しさよ。

解釈

秋の月夜の美しさを詠った歌。


作者とプロフィール

名前:左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)
性別:男性
生没年:1090~1155年
藤原顕子で、名前は藤原顕輔といいます。
近臣として昇進しますが、後に疎外され、天皇没後にまた政界に復帰しました。
「詞花集」の撰者で、顕輔の周りには優れた歌人が沢山いたそうです。
末っ子でしたが、歌の才能が認められ、藤原家の跡継ぎとなっています。

雑学・豆知識

この歌は、「崇徳院に百首の歌奉りけるに」とある中の一首になります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど