ホーム > 71番~80番, は行の作者 > 法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)


法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

法性寺入道前関白太政大臣<br>(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)の画像

小倉百人一首 076番

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

▼音声

読み
わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの
くもいにまがう おきつしらなみ


現代語訳

大海原に船を漕ぎ出して海を眺めてみると、雲だと思ってしまうほとに白い波が立っているよ。

解釈

空の雲と白波の境界線が分からないほど同化している風景の歌


作者とプロフィール

名前:法性寺入道前関白太政大臣(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)
性別:男性
生没年:1097~1164年
関白忠実の長男で、藤原頼長の兄にあたり、名前は藤原忠道といいます。
政治界のトップに君臨した人物ですが、文化人で人柄にも優れた人であったようです。

雑学・豆知識

崇徳上皇がまだ天皇だった時に、「海を眺めた内容の歌を詠め」と言われ、詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立