ホーム > 71番~80番, さ行の作者 > 崇徳院(すとくいん)


崇徳院(すとくいん)

崇徳院(すとくいん)の画像

小倉百人一首 077番

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

▼音声

読み
せをはやみ いわにせかるる たきがわの
われてもすえに あわんとぞおもう


現代語訳

流れの速い川は、水が岩によって二つに別れようとも最後にはまた一つに戻るように、私達もまた何処かで逢えるはずです。

解釈

仲を裂かれてもいずれは一緒になるだろうという恋の歌


作者とプロフィール

名前:崇徳院(すとくいん)
性別:男性
生没年:1119~1164年
75代天皇。
崇徳院は保元の乱により讃岐(香川県)に流されて、髪はのびほうだい、爪を切ることもなく、怒りに燃えた顔つきで一生を終えたと伝えられる。

雑学・豆知識

元歌は崇徳天皇本人が詠んだ「久安六年御百首」の「ゆきなやみ 岩にせかるる滝川の われても末にあはんとぞ思ふ」で、
「詞花集」に収録するにあたって改作したようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ