ホーム > 21番~30番, た行の作者 > 貞信公(ていしんこう)


貞信公(ていしんこう)

貞信公(ていしんこう)の画像

小倉百人一首 026番

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

▼音声

読み
おぐらやま みねのもみぢば こころあらば
いまひとたびの みゆきまたなむ


現代語訳

小倉山の紅葉よ。
もし心というものがあるのなら、今ひとたび天皇の訪れがあるまで散らずに待っておいてくれないかな。

解釈

秋と人情の歌


作者とプロフィール

名前:貞信公(ていしんこう)
性別:男性
生没年:880~949年
藤原基経の四男で、本名は藤原忠平。
忠平と仲の悪かった菅原道真と、親しく交流していました。
宇多天皇に信頼され、その皇女順子を妻にしたそうです。

雑学・豆知識

宇多上皇が、醍醐天皇にも見せたいと言ったのを聞いて詠んだ歌です。
また、小倉アンの由来はこの歌からとられました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

陽成院(ようぜいいん)

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる