ホーム > 11番~20番, ま行の作者 > 元良親王(もとよししんのう)


元良親王(もとよししんのう)

元良親王(もとよししんのう)の画像

小倉百人一首 020番

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

▼音声

読み
わびぬれば いまはたおなじ なにはなる
みをつくしても あはむとぞおもふ


現代語訳

世間的には悪い事だと知っていながらも、今となっては過去も現在も同じ事。
難波にある澪つくしの名のように、身も心も命さえをなくしても構わない、少しでもいいから貴方と逢いたいのです。

解釈

激しい感情の恋の歌


作者とプロフィール

名前:元良親王(もとよししんのう)
性別:男性
生没年:890~901年
陽成天皇の皇子。
女性との歌が多く様々な女性と関係をもったことで知られています。

雑学・豆知識

歌の相手の女性は、当時の天皇の父である宇多院の后である藤原褒子です。
つまり不倫の恋です。
この不倫が世間の間で知られた後、詠われたものといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき