ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)


左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)の画像

小倉百人一首 063番

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

▼音声

読み
いまはただ おもいたえなん とばかりを
ひとづてならで いうよしもがな


現代語訳

今となってはただ「貴方を諦めましょう」という言葉を、人に託すのではなく、自分自身が直接言える方法があればいいのですが・・・。

解釈

諦めるという言葉だけでも直接告げたい、という思いを込めた歌


作者とプロフィール

名前:左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)
性別:男性
生没年:992~1054年
内大臣藤原伊周の子で、名前が藤原道雅です。
藤原道長に押され、幼くして失脚し、不遇のまま一生を過ごしました。

雑学・豆知識

神に仕える巫女の役割を持つ女性との禁断の恋がばれ、逢う事さえも叶わなくなってしまった時に読まれた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

(上)
天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ

(下)
をとめの姿 しばしとどめむ

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

陽成院(ようぜいいん)

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる