ホーム > 11番~20番, さ行の作者 > 参議篁(さんぎたかむら)


参議篁(さんぎたかむら)

参議篁(さんぎたかむら)の画像

小倉百人一首 011番

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

▼音声

読み
わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと
ひとにはつげよ あまのつりぶね


現代語訳

はるか彼方に広がる海に、多くの島々が点々と浮かんでいる。
そこの漁師さん、私はその島々を漕ぎ旅立ったと都にいるあの人に伝えて下さいませんか?

解釈

都に残してきた人に、船旅に出る事を伝えた歌


作者とプロフィール

名前:参議篁(さんぎたかむら)
性別:男性
生没年:803~852年
小野岑守の息子。
真相は定かではありませんが、小野小町の祖父に当たる人ではないかと言われているようです。
閻魔様の下で働いているとか、妻が幽霊であるとか様々な伝説が残っています。

雑学・豆知識

参議篁が、隠岐に島流しにあった時に詠んだ歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ