ホーム > 41番~50番, ま行の作者 > 源重之(みなもとのしげゆき)


源重之(みなもとのしげゆき)

源重之(みなもとのしげゆき)の画像

小倉百人一首 048番

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

▼音声

読み
かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ
くだけてものを おもうころかな


現代語訳

風が激しいので、波が自然に岩で砕けるように、私の心も砕けるように悩み苦しんでいます。

解釈

自分の恋の苦しみを波に例えた歌


作者とプロフィール

名前:源重之(みなもとのしげゆき)
性別:男性
生没年:?~1000年頃
源兼信の子ですが、のちに源兼信の兄の源兼忠の養子となりました。
三十六歌仙の一人で、百首歌は源重之により始まるといわれています。

雑学・豆知識

冷泉院が東宮の時に「恋」の歌として献上したものですので、岩は片思いの相手の女性として解釈することが出来ます。
また、「伊勢集」の中の歌の本歌取りではないかともいわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花