ホーム > 21番~30番, か行の作者 > 菅家(かんけ)


菅家(かんけ)

菅家(かんけ)の画像

小倉百人一首 024番

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

▼音声

読み
このたびは ぬさもとりあえず たむけやま
もみじのにしき かみのまにまに


現代語訳

この度の旅は、慌しかった為に神へのささげものをする事さえも出来ませんでした。
手向けの山の紅葉の錦を捧げますので、神の御心のままお受け取りください。

解釈

旅途中の秋の紅葉の歌


作者とプロフィール

名前:菅家(かんけ)
性別:男性
生没年:845~903年
学問の神様となった菅原道真公の事。
「阿衡事件」の解決で宇多天皇の信を得ました。

雑学・豆知識

歌のなかの幣は、今で言うところの、お祓いの時に神主さんが振り回す白い紙がついたものです。
歌が詠まれた当時の幣は、着色してある絹を小さく切ったものでした。
それを、旅に出る際には幣袋に入れてお守りにし、旅の無事を祈ったそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな