ホーム > 1番~10番, や行の作者 > 山部赤人(やまべのあかひと)


山部赤人(やまべのあかひと)

山部赤人(やまべのあかひと)の画像

小倉百人一首 004番

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

▼音声

読み
たごのうらに うちいでてみれば しろたへの
ふじのたかねに ゆきはふりつつ


現代語訳

静岡の田子の浦海岸から富士山を仰ぎ見ると、真っ白となった富士の高峰には、雪が更に降り積もっているよ。

解釈

旅先で見た冬の風景を伝える歌


作者とプロフィール

名前:山部赤人(やまべのあかひと)
性別:男性
生没年:未詳
万葉集に数多くの作品を残している歌人です。
様々の土地に旅をし、心に残った風景を沢山和歌にして残しています。
人麻呂と同様赤人の歴史は不詳のようです。

雑学・豆知識

田子の浦とは、静岡県の富士川西の河口近くから一帯の海岸を指しており、現在の田子の浦とは位置が少し違っています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに