ホーム > 21番~30番, た行の作者 > 中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)


中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)の画像

小倉百人一首 027番

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

▼音声

読み
みかのはら わきてながるる いづみがわ
いつみきとてか こひしかるらむ


現代語訳

みかの原を二つにわけて流れるいづみ川。
そのいづみの名のように、貴方をいつかみた訳ではないのですが、どうして私は貴方をこんなにも恋しく思うのでしょうか。

解釈

逢った事のない人を思う恋の歌


作者とプロフィール

名前:中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)
性別:男性
生没年:877~933年
藤原基利基の子で、本名は藤原兼輔。
紫式部の曾孫にあたる。

雑学・豆知識

会った事もない人にこんなにも恋焦がれている歌を詠ったのは、当時の請婿婚のためです。
男性は女性の結婚するまで顔が見ることが出来なかったのが普通でした。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな