ホーム > 11番~20番, や行の作者 > 陽成院(ようぜいいん)


陽成院(ようぜいいん)

陽成院(ようぜいいん)の画像

小倉百人一首 013番

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる

▼音声

読み
つくばねの みねよりおつる みなのがわ
こひぞつもりて ふちとなりぬる


現代語訳

筑波山から流れ、川となり、水かさをまして深い淵となるように、私の恋も積もりに積もって深い淵となりました。

解釈

恋に纏わる歌


作者とプロフィール

名前:陽成院(ようぜいいん)
性別:男性
生没年:868~949年
第57代天皇。
清和天皇の皇子で、陽正天皇。
奇妙な振る舞いが目立ち、様々な伝説を残しているようです。

雑学・豆知識

筑波嶺とは古来有名な歌枕であり、千葉の筑波山の事です。
歌の中に出てくる恋しい女性とは、光孝天皇の皇女である綏子内親王の事だと言われているようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける