ホーム > 31番~40番, た行の作者 > 平兼盛(たいらのかねもり)


平兼盛(たいらのかねもり)

平兼盛(たいらのかねもり)の画像

小倉百人一首 040番

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

▼音声

読み
しのぶれど いろにいでにけり わがこいは
ものやおもうと ひとのとうまで


現代語訳

心に秘めて恋していたのですが、知らない間に顔に出ていたようです。
他の人が「あの人が好きなの?」と問いかけてくるようになってしまいました。

解釈

秘めていた恋の歌


作者とプロフィール

名前:平兼盛(たいらのかねもり)
性別:男性
生没年:?~990年
光孝天皇の子孫で、平篤行の子です。
官位は低く、昇進は出来ませんでしたが、歌人としての才能は若い頃から認められており、「天徳内裏歌合」の勝負は有名です。

雑学・豆知識

百人一首41番とつがわれた歌になります。
「天暦御時歌合」で、接戦の末勝利を収めた平兼盛は、あまりの喜びに、他の勝負の結果を聞かずにさっさと退場してしまったといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ