ホーム > 21番~30番, さ行の作者 > 素性法師(そせいほうし)


素性法師(そせいほうし)

素性法師(そせいほうし)の画像

小倉百人一首 021番

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

▼音声

読み
いまこむと いひしばかりに ながつきの
ありあけのつきを まちいでつるかな


現代語訳

「今から行くよ」と貴方がいったから、9月の長い夜の間待っていたのに、気が付くと有明の月が見える朝を迎えていました。

解釈

待ちわびる恋の歌


作者とプロフィール

名前:素性法師(そせいほうし)
性別:男性
生没年:未詳
僧正遍昭の息子。
父の誘いにより早くから出家し、京都洛北の雲林院の奈良県の良因院の住持となりました。

雑学・豆知識

作者本人は男性であり僧でしたが、女性の立場に立って詠われたものです。
一夜待ち続けた心境の歌か、待ち続けていたら9月の月になったと心境の歌という二つの説があります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

能因法師(のういんほうし)

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし