ホーム > 81番~90番, か行の作者 > 皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)


皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)の画像

小倉百人一首 083番

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

▼音声

読み
よのなかよ みちこそなけれ おもいいる
やまのおくにも しかぞなくなる


現代語訳

世の中という道から逃れる道は、存在しないと思いましょう。
こんな山奥でも鹿が悲しげに鳴いている。

解釈

世の中の苦しみから逃げる手立てはないという悲しさの歌


作者とプロフィール

名前:皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)
性別:男性
生没年:1114~1204年
藤原俊忠の子で、名前は藤原俊成といい、この百人一首を作った藤原定家は子にあたります。
藤原俊成が歌を詠むときは、常に古い着物を着て正座をし、桐の火鉢を抱きながら詠んでいたそうです。

雑学・豆知識

藤原俊成が27歳になった節目として詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき