ホーム > 21番~30番, ま行の作者 > 壬生忠岑(みぶのただみね)


壬生忠岑(みぶのただみね)

壬生忠岑(みぶのただみね)の画像

小倉百人一首 030番

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

▼音声

読み
ありあけの つれなくみえし わかれより
あかつきばかり うきものはなし


現代語訳

有明の冷たい月が出ていた日、つれない別れを経験しました。
夜明けの暗い時はあの時を思い出し、自分の運命を悲しく思います。

解釈

過去を引きずる恋の歌


作者とプロフィール

名前:壬生忠岑(みぶのただみね)
性別:男性
生没年:未詳
生没年だけでなく、家系や生涯など殆どが不明な人物。
しかし歌人としては、早くから有名だったようです。

雑学・豆知識

別れて時間がたってから詠んだ歌とされています。
後鳥羽院が「古今集」で最も優れた歌を訊ねた際に、藤原定家・家隆の二大歌人がこの歌を上げました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき