ホーム > 51番~60番, か行の作者 > 儀同三司母(ぎどうさんしのはは)


儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)の画像

小倉百人一首 054番

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

▼音声

読み
わすれじの ゆくすえまでは かたければ
きょうかぎりの いのちともがな


現代語訳

いつまでもこの恋を忘れないと言われますが、それを実行するのはとても難しい事のようですから、この幸せな状態のまま命がなくなってしまえばいいと思います。

解釈

幸せな時間を止めてしまいたいと願う恋の歌


作者とプロフィール

名前:儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
性別:女性
生没年:?~996年
高階成忠の子で、藤原道隆の妻です。
名前は高階貴子で、晩年に出家しました。
和歌だけでなく、漢詩文にも長けていたようです。

雑学・豆知識

この歌は、藤原道隆が自分の元へ通い始めた、初期の頃の歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに