ホーム > 41番~50番, ま行の作者 > 壬生忠見(みぶのただみ)


壬生忠見(みぶのただみ)

壬生忠見(みぶのただみ)の画像

小倉百人一首 041番

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

▼音声

読み
こいすてふ わがなはまだき たちにけり
ひとしれずこそ おもいそめしか


現代語訳

私が恋をしているという噂が早くもたってしまった。
誰にも知られないように、ひそかに思い始めたばかりなのに。

解釈

忍ぶ恋


作者とプロフィール

名前:壬生忠見(みぶのただみ)
性別:男性
生没年:不詳
壬生忠岑の子です。
官位はとても低かったのですが、歌人としては有名で、多くの歌合に出席して活躍していたようです。

雑学・豆知識

百人一首の40番と、歌合で競われた歌です。
勝負には敗れましたが、甲乙つけがたい接戦でした。
この闘いで敗れたショックで、壬生忠見が亡くなったという一説もありますが、実際はその後も活躍していたようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも