ホーム > 71番~80番, は行の作者 > 藤原基俊(ふじわらのもととし)


藤原基俊(ふじわらのもととし)

藤原基俊(ふじわらのもととし)の画像

小倉百人一首 075番

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

▼音声

読み
ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて
あわれことしの あきもいぬめり


現代語訳

「任せておきなさい」という、恵みの露のような貴方の約束を頼りに待ち続けていましたが、ああ、今年の秋もむなしく過ぎ去っていくようです。

解釈

約束が果たされなかった事を悲しむ歌


作者とプロフィール

名前:藤原基俊(ふじわらのもととし)
性別:男性
生没年:1060~1141年
右大臣藤原俊家の子で、名門の生まれですが、昇進には恵まれませんでした。
歌の才能も持っていましたが、人格のせいであまり評価されなかったようです。

雑学・豆知識

出家している息子を出世させようと働きかけ、約束までこぎつけたのに、約束が果たされなかった事について問いただす意味で贈った歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに