ホーム > 41番~50番, さ行の作者 > 曽禰好忠(そねのよしただ)


曽禰好忠(そねのよしただ)

曽禰好忠(そねのよしただ)の画像

小倉百人一首 046番

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

▼音声

読み
ゆらのとを わたるふなびと かじをたえ
ゆくえもしらぬ こいのみちかな


現代語訳

由良海峡を渡る舟が、舵をなくしゆらゆらとさ迷うように、私の恋の成り行きも行方をなくし、さまよっているようだ。

解釈

恋の生末が不安な歌


作者とプロフィール

名前:曽禰好忠(そねのよしただ)
性別:男性
生没年:不詳
平安中期の歌人だという事は分かっていますが、その他の事はあまりよく分かっていません。
生前はあまり評価されていませんでしたが、死後高く評価されるようになりました。

雑学・豆知識

「由良のと」とは、現代の和歌山県の紀淡海峡の事を指しており、有名な枕歌の一つです。
「と」は門と書き、海峡の事を指します。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

蝉丸(せみまる)

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関