ホーム > 41番~50番, は行の作者 > 藤原義孝(ふじわらのよしたか)


藤原義孝(ふじわらのよしたか)

藤原義孝(ふじわらのよしたか)の画像

小倉百人一首 050番

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

▼音声

読み
きみがため おしからざりし いのちさえ
ながくもがなと おもいけるかな


現代語訳

貴方の為ならば惜しくもないと考えていたこの命だけれども、貴方との恋が成就すると、長生きしてこの恋を永遠に続けたいと思うよ。

解釈

後朝の歌


作者とプロフィール

名前:藤原義孝(ふじわらのよしたか)
性別:男性
生没年:954~974年
藤原伊尹の子で、能書家として有名な、藤原行成の父です。
ハンサムで誠実な性格で、兄の挙賢と義孝兄弟は「花を折り給ひしきんだち君達」と評されるほどでした。
しかし、実際のところ兄弟仲はあまりよくなかったようです。

雑学・豆知識

歌の中では長生きしたいと詠っていますが、作者本人は21歳の若さで天然痘により亡くなっています。
また、兄の挙賢も同じ日に天然痘で亡くなりました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

(上)
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

(下)
あらはれわたる 瀬々の網代木

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな